レビュー:TOEIC TEST 瞬間英単語 600点突破 最初の450語と必須の450語を覚えたら600点超えは余裕! | さなパパ的TOEIC勉強法ブログ

レビュー:TOEIC TEST 瞬間英単語 600点突破 最初の450語と必須の450語を覚えたら600点超えは余裕!

2015-09-29


TOEICを受験するにあたって、文法の知識、文章を読むスピード、TOEICの解法、等、

必要な要素はたくさんあるわけですが、とにかく英単語の暗記というのは避けて通れません。

TOEICの英単語本で一番有名なのは金のフレーズでしょう。

私がTOEICの勉強を始めた当時からお世話になっている本です。

 

これ以外にもたくさん単語本はありますが、

その中から今回はTOEIC TEST 瞬感英単語 600点突破 最初の450語必須の450語

誠文堂新光社さんよりご提供いただいたのでご紹介します。

※本記事作成にあたって、書籍内容の一部をブログにて公開することを許可して頂いています。

著者は栗本 孝子先生で、神田外語学院の講師をされていらっしゃいます。

神田外語学院と言えば、金のフレーズの著者であるTEX加藤先生も

講師をされていらっしゃる学校ですね。これは期待できそうです。

 

とにかく特徴はすべての単語にイラストが付いていること

イメージで英単語を覚えることが出来ます。

英単語というよりは、各英単語についている例文のイメージがイラスト化されています。

 

attention 最初の450語 P15より

 

instruction 必須の450語 P37より

 

例文の状況を表したイラストなので、どういうシチュエーションで使われる単語なのか

ということも直感的に理解出来ますね。

暗記の手助けとなることは間違いありません。

 

栗本先生の補足説明が簡潔でわかりやすい

イラストがすべての単語についていることだけが特徴かと思いきやそうではありません。

むしろ、補足説明がかなり役立ちます。

簡潔に各単語のポイントをバシッと押さえてあるところに感動しました。

 

英単語がTOEICではどのように問われるのか、どのパートに出るのか、覚え方など、

すべての英単語に対してTIPSが用意されています。

 

最初の450語 P14-15より

 

必須の450語 P20-21より

 

TOEICの学習を始めたころは、その英単語がどのように出題されるのか、

どのポイントが狙われるのかなど、あまり意識せずにとにかく意味を覚えまくっていました。

せっかく時間をかけて英単語を覚えるのですから、ついでにTOEICのTIPSまで覚えてしまえば

得点力は間違いなくアップします。

そして何より英単語の定着も早いのではないでしょうか。

 

音声はダウンロード可能です

英単語と英文の音声が無料ダウンロード可能です。

最近の英単語本では音声での学習が可能なものが多くて便利ですね。

目で見て、音で聴いて、声に出してみる。余裕があれば書く。

特に、TOEICではリスニングパートの練習のためにも音で聴くというのは大切ですね。

 

音声データは誠文堂新光社さんのウェブサイトよりダウンロードして下さい。

http://www.seibundo-shinkosha.net/pickup/english_71586/

 

掲載されている単語のレベルは結構高めかも

本のタイトルは600点突破となっていたので、易しめの単語本かなと思っていたのですが、

自分が625点を取った当時に知らなかった単語がたくさん。

特に必須の450語の方は今見ても何個か知らない単語が載っていました。

 

最初の450語をマスターするだけでも600点は狙えるのでは?と思います。

※中学校の英単語や高校の基礎レベルの英単語は暗記していることが前提ですが。

 

もし、この最初の450語必須の450語の両方をマスターしたら、

600点突破は余裕なレベルになると思います。

前述したとおり、栗本先生の補足説明も合わせて学習することがポイントですね。

ただ英単語の日本語訳を覚えるだけではもったいないです。

 

ところで、なんで1冊じゃなくて2冊に分かれてるんだろうと思いましたが、

やはりイラストや補足説明が充実しているだけあって、1単語に対するスペースが多めになっています。

1冊にしちゃうと大きくなりすぎて持ち運びに不便な本になっちゃいそうですね。

あと、1冊あたり450語というのが多すぎずマスターしやすいのでは?と思います。

900語と言われるとちょっとテンションが下がっちゃいそうですが、

450語ならなんとか頑張れそうじゃないですか?

 

最初の450語を8割以上覚えたあたりで必須の450語をスタートするくらいがちょうど良さそうです。

暗記については、以前に金のフレーズ学習法でも書きましたが、

とにかくいかにちょうどいいインターバルで回数をこなすかがポイントです。

例えば、90個ごとに区切った暗記プランはこんな感じです。

 

1日目  1~90番の英単語を学習

2日目  1~90番の英単語をリスニングで復習

3日目  91~180番の英単語を学習

4日目  91~180番の英単語をリスニングで復習

5日目  181~270番の英単語を学習

6日目  181~270番の英単語ををリスニングで復習

7日目  271~360番の英単語を学習

8日目  271~360番の英単語ををリスニングで復習

9日目  361~450番の英単語を学習

10日目 361~450番の英単語ををリスニングで復習

 

まずは10日で1周して、あとは覚えたものを外していけば、

1周にかかる日数はどんどん減っていきます。

巻末にミニテストも用意されているので、それを活用してもいいですね。

 

まとめ

英単語の文字を見てただ覚えるだけでなく、

覚えるべき英単語を用いた例文を見て、その例文の状況を表したイラストで直感的に覚え、

さらに栗本先生のTOEICに関するTIPSが素晴らしく、しかも音声も無料で用意されている。

学習者のことをとてもよく考えてくださっている単語本だと感じました。

 

600点を目指す方に有益であることはもちろんですが、

700点台の方でも十分得るものがある単語本だと思います。

800点台の私でもかなり勉強になりました。

何個か知らない単語があったのが悔しいので必死に覚えようと思います。

チェック→当ブログはTOEIC部門で何位なのか?


人気の投稿

まだデータがありません。


▼良く使うウェブ学習サービス ▼他ブログ
Copyright© 2013~2017 TOEIC勉強法・学習法のさなパパ的まとめTOEICブログ All Rights Reserved.
TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.