幼児英語教育に関する専門家の記事 | さなパパ的TOEIC勉強法ブログ

幼児英語教育に関する専門家の記事

2013-04-04


幼児英語教育に関する専門家の記事をまとめていきます。
一応私自身は『日本語がメインで英語の存在を早めに知っておいて欲しい』というくらいであればやらせてもいいんじゃないかと思ってます。

All About 清水 万里子氏

英語教育は幼児からがベスト
http://allabout.co.jp/gm/gc/312441/

英語環境さえ与えれば子どもは自由に伸び伸びと自然に英語を吸収していく。
↑まさにこれはこの数ヶ月で感じてます。

英語教室から帰ったらいつも「今日は何を勉強したの?」と尋ねる。
発音がきれいかどうか、何が話せるのか、など成果が気になる。
↑あ、、、これついついやっちゃってたかも。

4歳からはじめる英語
http://allabout.co.jp/gm/gc/310883/

面白いことに、子どもには、「先生大好き=英語大好き」という図式が成り立つようです。つまり、英語を好きになってもらうには教えてくれる先生を大好きになってもらうことが一番の早道なのです。
↑言語って結局コミュニケーションのためのものだから、人が重要というのは激しく同意。

 

勝間和代のクロストーク:feat.瀧波ユカリ

92 子どもの英語教育、どうしてる?
http://mainichi.jp/feature/katsuma/news/20121010org00m020004000c.html

漠然と高い英語教材を買ったり、英語教室にせっせと連れて行っても、本人がやる気がなければ身につきません。また、英語を勉強させ過ぎると、今度は日本語に支障が出てきかねません。
従って、私は、家庭における幼少期の英語教育は「英語に親しみを持たせる」程度にとどめ、過度な投資や期待は控えるべきだと思います。
↑楽しく歌を覚える感覚で英語と付き合うのがいいんでしょうね。

93 幼児英語教育、順番守れば効果
http://mainichi.jp/feature/katsuma/news/20121024org00m070004000c.html

英語の音声に親しみを持たせるのは早い段階から、文法などはある程度日本語が身についてから−−という区分けがはっきりして、子どもへの英語教育の段階が分かりやすくなるのではないでしょうか?
↑あくまでも日本語がメインですよね。完全なバイリンガルにしたいならまた別かもしれませんが。

 

All About プロファイル

幼児の英語学習、日本語の習得に影響はない?
http://profile.ne.jp/ask/q-112897/
幼児の英語学習方法について
http://profile.ne.jp/ask/q-112604/
専門家で意見が割れちゃう話題。。

 

英語教室~幼児の英語教育を取り入れている岐阜聖徳学園大学附属幼稚園(Youtube)

チェック→当ブログはTOEIC部門で何位なのか?


人気の投稿


▼良く使うウェブ学習サービス ▼他ブログ
Copyright© 2013~2017 TOEIC勉強法・学習法のさなパパ的まとめTOEICブログ All Rights Reserved.
TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.