TOEICのPart1の答えとなる選択肢にもっとムカついてもいいと思う | さなパパ的TOEIC勉強法ブログ

TOEICのPart1の答えとなる選択肢にもっとムカついてもいいと思う

2014-12-23


1月11日の公開テストまであまり時間がなくなってきて若干焦っているさなパパです。

どうしてもこのタイミングで900点超えを実現させたい!追い込みを頑張りますよっ!

 

さてさて、最近模試を色々とやっていてちょっと思ったんです。

 

Part1の選択肢ってよく考えるとイラっとしません?

例えばTOEICのPart1のDirectionで出てくるサンプル写真。

普通、この写真を見たら、

何人かの人が話し合ってる写真だなって思いません?

 

なのに答えはThey’re standing near the tableですよ?

「彼らは机のそばに立っています」ですよ?

そりゃそうだけどさ〜って思いません?

 

小学生の時、クラスに1人くらいいましたよね。

「今何してるの?」と聞くと

『立ってる』とか『息してる』とかふざけて答えるやつ。

まさにこれでしょ?

 

他にも明らかに男性が電話で何か話をしている写真なのに、

He’s wearing a tie.

いや、たしかにあんたスーツ着てネクタイ付けてるけどさ〜みたいな。

よく考えたらイラッとしますよ。

多分ネイティブが受けたら笑っちゃうんじゃないかな。

 

イラッとパターンはつまり誰が見てもそうだよねっていうことでもあります。

サンプル問題の写真でも普通話し合っているように見えますが、

もしかしたら無言で何も話していないかもしれないし。

それよりは彼らは机の近くに立っていると言われれば、そりゃ絶対そうでしょとなります。

 

もちろん写真を見たまんまの選択肢が答えになることも多いですが、

イラッとパターンも何問か出題されるので、

模試やPart1対策本で「そこかよ!」って突っ込みながら解いていくと楽しいかもしれません。

チェック→当ブログはTOEIC部門で何位なのか?


人気の投稿

カテゴリー: TOEIC全般 タグ: ,

▼良く使うウェブ学習サービス ▼他ブログ
Copyright© 2013~2017 TOEIC勉強法・学習法のさなパパ的まとめTOEICブログ All Rights Reserved.
TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.