【LeapTVまとめ】LeapFrogのゲーム機『LeapTV』が我が家にやってきた【開封・内容物確認編】 | さなパパ的TOEIC勉強法ブログ

【LeapTVまとめ】LeapFrogのゲーム機『LeapTV』が我が家にやってきた【開封・内容物確認編】

2015-01-26


我が家に新しいゲーム機がやってきました!その名もLeapTV!

知育玩具を製造する有名なLeapFrog社の新商品です。

 

ネイティブの子供達が遊ぶゲーム機で、もちろん英語オンリー。

遊びながら英語に触れるという理想的な環境だと思います。

いわゆるエデュテイメントってやつですね。

 

LeapFrogブランドのおもちゃは、娘が通う英語教室の先生のお子さん(バイリンガル)も

使っているので先生のお墨付きのブランドということですね。

ということで、新商品のLeapTVも良い商品に違いないと信じています。

 

そこで、「LeapTVとは何ぞや?」という人や「興味があるんだけど実際どうなの?」という人のために、

定期的にLeapTVに関する記事を投稿していこうと思っています。

今回は【開封・内容物確認編】です。

 

LeapTVを開けてみよう!

我が家にやってきたのはLeapTV本体とソフト「Dance & Learn」が1本です。

 

内容物はこんな感じです。

本体・カメラ・カメラマウント・コントローラー・HDMIケーブルが入っています。

カメラマウントはテレビの上に設置したいときに使います。テレビの下側に置く場合には使いません。

 

本体の前面と後面です。前面には電源ボタン、カートリッジ挿入口、リセットボタンがついています。

後面にはHDMI、USB(カメラ接続用)、

有線LAN(無線接続時には使いません)、電源用端子がついています。

 

我が家では無線LANでネットワークに繋いだので、裏面はこんな感じに。

 

コントローラーは3つの形に変化

まずコントローラーの大きさについてですが、子ども用に設計してあるだけあって

6歳の娘にジャストサイズでした。大人が持つとさすがに小さかったです。

LeapTVのコントローラーはゲームに応じてコントローラーの形を変えることが出来ます。

こういうのってなんとなくわくわくしますよね(笑)

 

コントローラーは3つの形に変化します。

1.いわゆる従来型のコントローラーとして使う形

2.まだ試していませんがおそらくレーシングゲーム等でハンドルっぽく使う形

3.ポインター型の形、いわゆるWiiリモコンタイプ

 

これに加えてボディモーションを使って遊ぶゲームも多いのですが、

ボディモーションについてはまた別の記事にしたいと思います。

 

体を動かしながら英語に触れるというのはとても良い体験になると思います。

勉強と感じることなく、自然に英語に触れる機会が増えていくのが良いですね。

それではまた次回をお楽しみに^^

チェック→当ブログはTOEIC部門で何位なのか?


人気の投稿

まだデータがありません。


▼良く使うウェブ学習サービス ▼他ブログ
Copyright© 2013~2017 TOEIC勉強法・学習法のさなパパ的まとめTOEICブログ All Rights Reserved.
TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.